鴨居防災拠点について
鴨居1丁目、4丁目の防災拠点は鴨居小学校です


 
1.対象地域   鴨居1丁目、4丁目の居住者は鴨居小学校が地域防災拠点です。

 2.所在   鴨居4-7-15 横浜市立鴨居小学校 
             電話番号931-2062 

 3.    鴨居小学校地域防災拠点運営委員会


 委員長   第四地区自治会長 作田豊彦
 副委員長  鴨居小学校校長   石原敏宏
 副委員長  第一地区自治会長 中川一人

平成28年度防災訓練
 平成28年9月4日(日)午前9時20分開始 12時00分終了
 鴨居小学校校庭及び体育館にて訓練いたしました。

   
   訓練項目  訓 練 内 容
   自助訓練
(ご自身、家族を守る)
各世帯で実施、家庭内の安全が確認されたら
「黄色いリボン」を掲示する
   共助訓練
 (班内の安否確認)
 班内の各家庭で「黄色いリボン」が出ていない世帯を確認し、避難所本部(鴨居小学校に設置)に連絡(安否確認訓練)
 ③  避難訓練  ご自身、家族の安全が確認されたら鴨居小学校に集まる
 ④  全班共通訓練  避難所開設訓練・正門・体育館・備蓄倉庫の解錠訓練
 ⑤ 班別運営訓練   
   庶務班
  拠点開設訓練
受付担当の配置、受付訓練
避難者の受け入れ班分け訓練
区割り指示
備蓄倉庫内の庶務に関する物品の確認
ゴミ分別、その他
   情報班
  連絡訓練
避難者カードの管理・安否確認訓練
トランシーバによる班内訓練 自治会の情報確認
防災電話で本部と医療拠点の連絡訓練
区本部拠点開設の情報取得 アマ無線士と連携
避難所広報板の設置 
   食料物資班
  食糧配給訓練
  飲料水の確保
  トイレ・停電対策
炊き出し訓練
備蓄品の配給返納訓練
炊飯器の動作訓練
発電機の作動訓練
   救出救護班
  搬送訓練
  
救助・救護品の展示
  要援護者の救護
  エリア確認
車いすによる搬送訓練
スロープ設置
三角巾他による止血訓練
   事務局
  火災対策
  生活用品の確保
消火栓の取り扱い訓練・放水訓練
消火栓および消火箱の設置場所の確認
 鴨居一丁目、四丁目の一般の方の参加をお待ちしております。ご自身・ご家族の身を守るためにも是非ご参加ください。


 4.使用可能教室          

   ☆体育   避難者収容

   ☆多目的  運営本部

   その他の教室は使用できません。

 5.関係防災拠点連絡先

  ☆緑区防災本部  090-9202-9307 045-930-2208

 ☆東鴨居中学校  090-3236-4292
           (地域医療救護拠点…医師が居る
予定

  ☆運営備蓄等の財源は、鴨居第一地区(1丁目)、鴨居第四地区(4
   丁目)自治会費を充当します。

  ☆備品の種類・数量については防災拠点運営委員会で検討します。

 6.地域の皆様へのお願い

1)  各戸での備蓄について

  食料、飲み水は各戸で3日分常に保管して下さい。飲み水は
  1人当り2㍑必要です。

2)  震度5強以上の地震が発生したときは、

 ☆まず身の安全、家族の安全、そして火の元の確認。

 ☆家の被害は身の安全を確かめてから。

 ☆住居を失いまたは破損等により住居することができない地域住民
  の方は避難所へ参集ください。

  ☆小学校では必ず「避難所住民リスト」に記帳します。

 ☆地域防災拠点では拠点運営委員の指示にご協力願います。

 ☆非難途中で救助等を求めている情報があれば運営委員に伝言下さい。

 7.鴨居防災ささえあいカード
  ☆「鴨居防災ささえあいカード」は、地震等の大規模な災害が発生し
   た時に、ひとりで避難が難しく救出、避難誘導が必要とされる方
   (介護を必要とする高齢者・障がい者
など)をあらかじめ自治会をはじ
     めとした地域の防災組織で把握しておくものです。
   ☆毎年各自治会班長さんを通じ配布・回収しております。

 8.防災人材バンク

    ☆鴨居小地域防災拠点は避難所として、様々な仕事が発生すると想定され
     ます。
.この際この対処に専門の技能(介護士、看護士、各種の運転免許、
     消防設備備士、防火管理者、通訳、車椅子取扱講習、手話講習、パソコン
     講習、危険余地講習、無線技師等)をお持ちの方のお力を防災拠点運営
     委員会にお願いしたいのが「人材バンクの登録」です。

     ☆毎年各自治会班長さんを通じ配布・回収しております。