鴨居まち研総合
SDGs講演会 2022年6月16日
天満宮の鳥居を塗り替えました 2022年5月17日 
2022年度「鴨居駅周辺まちづくり研究会」(通称:鴨居まち研)総会 2022年4月21日  
「天満宮」に初詣 2022年1月5日  
2020年度「人生楽笑・次代塾」講座 第5回 東本郷散策と健康講座゙ 2020年11月27日 
2020年度「人生楽笑・次代塾」講座 第4回 横浜山手の洋館巡り 2020年11月13日 
2020年度「人生楽笑・次代塾」講座 第3回 横浜港クルーズと横浜港巡り 2020年10月30日 
2020年度「人生楽笑・次代塾」講座 第2回 鴨居駅周辺の半日コース 2020年10月16日 
2020年度緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」がスタート 
                      2020年10月2日(金)白山地区センターにて
過去の記録 
「第32回 神奈川地域社会事業賞」を受賞 2019年12月7日 
第9回「地域再生大賞」で優秀賞を受賞 2019年2月8日(金) 
JR東日本の深澤社長より、感謝状の贈呈 2018年10月26日 
「手づくり郷土(ふるさと)賞(一般部門)」認定証授与式 2017年3月2日(木) 
平成28年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」(国土交通大臣表彰)に選ばれました 
JR東日本横浜支社長から「感謝状」を受賞 2015年10月14日(水) 
いきいきサロン鴨居の運営に協力


SDGs講演会 2022年6月16日
 横浜市温暖化対策統括本部 SDGs未来都市推進課にお願いしてSDGs(持続可能な開発目標)についてお話頂きました。
 近年は温暖化の影響で2019年には台風15号で大きな被害がでました。横浜市内の年平均気温は過去100年間で約1.7℃ 上昇しているそうです。
 SDGsは2015年国連サミットで「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標」として採択されました。17のカテゴリーがあり、夫々に詳細な取り組みが行われています。鴨居まち研の活動とSDGsとの関わりもスライドで説明頂きました。
 我々の活動がSDGsと関わりのあることに意を強くした講演でした。ありがとうございました。
          
 
 

ページトップへ


 天満宮の鳥居を塗り替えました     2022年5月17日
平成16年に現在の地へ遷座して以来、風雪にさらされて錆が目立っていた天満宮の鳥居。
保谷代表の発案でペンキの塗り替えを決め、まち研の職人集団5人が取り組みました。
瀧澤さんが強力なペンキを選び、足場のかけ方を考案、錆落としの電動工具持参など大活躍。
弟子入りした「若手職人」に適切な指導を与えて、着々と準備が進みました。
ペンキや道具類は神社奉賛会に負担して頂き、作田さんには色々と便宜を計って頂きました。



 5月8日に錆落としと防錆塗料の下塗り。乾くのを待って、5月10日には赤い塗料を塗ります。 これまでのくすんだ鳥居が、光り輝く赤い鳥居に生まれ変わりました。錆をていねいに落とし、防錆塗料をしっかり塗ってあるので、10年・・いや15年は持つでしょう。
  5月17日には、2度塗りをして完成。これでご利益も益々あらたかになり、お参りした受験生は合格間違いなし!
・・・というご意見も出ました。

保谷代表、瀧澤さん、畑さん、金刺さんそして都築の5人は大満足でした。
 皆様、どうぞお参りして下さい。
 

ページトップへ

2022年度 鴨居まち研総会 2022年4月21日
 鴨居会館2Fで4月例会に続き、2022年度の総会が行われました。2021年度の活動報告、決算報告があり、全会一致で承認されました。
 続いて2022年度予算案、活動計画案が提案され、原案通り承認されました。新型コロナウイルス感染症の収束が見えない状況で、環境部会、公園愛護部会、歴史散策部会の活動以外は状況を見ながら計画することになっています。2年間開催できていないエキコンは9月、12月に開催方法を検討の上行いたいと考えています。一方イベント部会は関連団体の動向により都度判断します。
 今年度は新たに「横浜であい塾」を10月~12月に計画しています。

 コロナ禍が一日も早く落着いて、通常の日常が戻ることを願っています。
 尚、総会当日の会員数は78名です。


           2022年度総会議事録
           2022年度活動計画

ページトップへ


 「天満宮」に初詣            2022年1月5日
 快晴の1月5日(水)鴨居杉山神社境内にある「天満宮」にまち研メンバー15名が集まり初詣をしました。毎年行っていた年初の行事ですが、昨年はコロナ禍で中止。今年は変異株オミクロンも加わり、感染者数は増加傾向で心配ですが、なんとか収束に向かい通常の活動が出来るようになることを願って全員で祈願しました。

全員で参拝  しばしの歓談


ページトップへ

2021年度 鴨居まち研総会 2021年4月15日
 鴨居会館2Fで4月例会に続き、2021年度の総会が行われました。2020年度の活動報告、決算報告があり、全会一致で承認されました。
 続いて2021年度予算案、活動計画案が提案され、原案通り承認されました。新型コロナウイルス感染症の収束が見えない状況で、環境部会、公園愛護部会、歴史散策部会の活動以外は中止又は具体計画なしとなっています。今年度は次代塾の計画はありません。次年度開催をめざして計画作りをします。エキコンは感染防止の観点から全て中止とします。又、イベント関係は開催の有無が不明で具体計画は立てられない状態です。
 「まん延防止等重点措置」や「緊急事態宣言」が発出された場合は計画の中止もあります。一日も早い日常が戻ることを願っています。
 尚、総会当日の会員数は74名です。


           2021年度活動計画はここをクリック
 

ページトップへ


2020年度 緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」
 第5回 東本郷散策と健康講座
     2020年11月27日        
 11月27日(金)第5回の次代塾で東本郷の散策を行いました。
 朝9時に鴨居駅を出発し、鶴見川の土手を歩き、シドモア桜や川向堰を見た後、天神像群で供養塔等の見学。東観寺経由で、林光寺に行き緑区遺産の奇利吹きの滝を見学し、立派な本堂を見て、展望台からの景色も楽しみました。本柳寺で五輪塔を見て、鴨居会館まで散策しました。入ったこともないお寺を見学出来、良かったとのコメントを頂きました。
 鴨居会館で健康長寿講座を聞いた後、参加者とフリートークを行いました。鴨居に住んでいても知らない場所が多くあり、それが見れて、良かった。杉山神社の絵馬のような普段見れないものだが見れて良かった。横浜港見学や西洋館見学も良かった。等等 内容的には好評で、満足して頂けたようです。当日5名の入会が有りました。

林光寺で集合写真  鴨居会館で健康講座

ページトップへ


2020年度 緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」
 第4回 横浜山手の洋館巡り
             2020年11月13日
 第4回は11月13日(金)横浜山手西洋館巡りを実施しました。
天候に恵まれ朝はヒンヤリも日中は暑い程の好天気でした。JR石川町駅に集合し、山手イタリア山庭園へ「ブラフ18番館」「外交官の家」を見学し、次に元町公園へ「ベーリック・ホール」や「エリスマン邸」など、ここは緑も多く絶好の景観でスケッチしている人も多くいました。「山手234番館」は外国人向けの共同住宅で当時の我が国の住宅との違いを認識しました。
 外国人墓地を経由し港の見える丘公園へ、「横浜イギリス館」に入館した後バラ園を通り展望台へ(バラは春の方が見栄え良い!)。眺めは最高、前回巡った横浜港やベイブリッジもハッキリと、集合写真を撮りフランス山を通って全員元気に下山し解散しました。

次回は27日で最終回になります。

山手の洋館を巡る  拡大写真 洋館ジオラマの前で記念写真 拡大写真

ページトップへ


2020年度 緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」 
 
第3回 横浜港クルーズと横浜港巡り     2020年10月30日
 コロナ禍により大きな制約を受けた「次代塾」で唯一、昼食をはさんだ一日の行程。
いわば「フルコース」の、横浜港クルーズと横浜港湾バス見学を行いました。曇りで風が強い予報でしたが、時おり陽射しもあり視界も良好なまずまずの天気。
 個人では中々経験できない横浜港の海と陸からの見学会に、参加者は一様に満足の様子でした。サザンの「秘密のデート」に歌われた「マリーンルージュ」で、秋深い港の景色を満喫した後、山下公園脇のレストランで、おいしい中華ランチ(中にはビールも)を堪能しました。


 午後は2台のバスにゆったり分乗して、ガイドさんに港湾施設の案内を受けます。広大な埠頭に首をもたげたクレーンのキリン達と、色とりどりのマッチのようなコンテナは壮観です。
 「はしけ」による積み下ろしからコンテナ輸送に代わり、今では空き地が目立つ山下埠頭がこれからどんな姿に変わるのか、港を愛する横浜市民としては気になる見学会でした。

 

ページトップへ


2020年度 緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」
 第2回 鴨居駅周辺の半日コース      2020年10月16日
 10月16日(金)に、第二回目の次代塾を実施しました。
 今回は、鴨居駅に9時に集合し、岩岡家長屋門・杉山神社を経て、旧鎌倉道を辿り、鴨居原市民の森・笹山貝塚から、最終ごはん塚までの、半日の散策でした。
 塾生8名、まち研5名の参加で、普段は入れない長屋門や杉山神社拝殿内の絵馬を見学しました。参加者からは普段見られない物や、一度も通ったことがない道や気付かなかった石仏等を見られて、大変良かったとの感想を頂きました。
 前日までの天気予報では曇り空下の散策と思っていましたが、あに計らず時間経過と共に秋晴れとなり、楽しい散策をすることが出来ました。

 次回第三回は、10月30日(金)の横浜港見学会を実施予定です。

ごはん塚にて 鴨居原市民の森にて
杉山神社で記念写真

ページトップへ



2020年度緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」がスタート
                   2020.10.2(金)白山地区センターにて

昨年11月から準備し、今年4月にスタートの予定だった「人生楽笑・次代塾」は、新型コロナウィルスの影響で半年遅れ、10月2日のスタートとなりました。
総持寺とキリンビール工場は見学休止中のため見送り、5回の講座の内4回は午前中で解散という、新型コロナ感染防止を優先したイレギュラーな船出です。
受講者は日程の変更による辞退などで定員の半分の10名ですが、考え方によっては3密の防止という点から正解なのかも知れません。

   

第1回目の講座は白山地区センターで、ソーシャルディスタンス十分の配置で開講。
保谷代表の挨拶の後、緑区地域振興課の佐藤係長にご挨拶を頂き、全体のガイダンス、鴨居まち研と他団体の紹介と続きます。
新名さんの「鴨居周辺の魅力講座」は、日頃あまり関心を持たずに生活している地域の来し方を丁寧に解き明かし、受講者には特に印象が深いようでした。
続いて受講者と鴨居まち研実行委員の自己紹介・フリートークを行い、次回の予定を
説明して第一回の講座を終了しました。

タウンニュース 緑区版/No,1242 2020年(令和2年)10月8日(木)号に掲載 

ページトップへ


2020年度 鴨居まち研総会 2020年7月16日
 鴨居会館2Fで7月例会に続き、コロナ禍で延期されていた2020年度の総会が行われました。2019年度の活動報告、決算報告があり、全会一致で承認されました。
 続いて2020年度予算案、活動計画案、組織体制案が提案され、原案通り承認されました。新型コロナウイルス感染症の収束が見えない状況で、環境部会、公園愛護部会の活動以外は中止又は延期の計画となっています。歴史散策も「次代塾」を優先し、月例の”歴史散策”は計画の再検討を行い、改めて案内されることになりました。一日も早い日常が戻ることを願っています。
 尚、総会当日の会員数は79名です。


           2020年度活動計画はここをクリック
 

ページトップへ

 鴨居杉山神社「節分祭」(豆まき)に協力 2020年2月3日(日)

 第15回目の鴨居杉山神社節分祭(豆まき)が行われました。午後2時、3時15分そして4時半と3回の豆まきに大勢の人が集まりました。今回も不測の事態が起きないように警備担当は黄色いヘルメットに杉山神社の白いハンテン姿で豆拾いに夢中の人々の安全を確保していました。今年も自治会、地域団体と共に「鴨居まち研」メンバーも警備で協力し無事終わることができました。

法被・ヘルメット姿で安全確保に協力 ”福はうち”の掛け声で”豆”を得ようとする人々

ページトップへ

 2020年鴨居連合自治会「賀詞交歓会」に出席 2020年1月19日

 鴨居連合自治会の賀詞交歓会に5名が参加し、交流の輪を広げました。賀詞交歓会は連合自治会関連の50を超える団体・グループとの交流の場で、旧交を温めつつ、新しい人と人の繋がりを築く場でもあります。
 当日は日頃お世話になっている区役所の皆さんや関係の深い皆さんも来賓として招かれ、200名を超える方々が参加しました。連合自治会長が今後の活動の抱負、来賓の祝辞の後、代表者が鏡開くをして祝宴に入り、歓談の輪が広がりました。アトラクションでは伝統の鴨居囃子で小学生が獅子舞を披露していました。祝宴は午後2時過ぎまで続き、最後に三三七拍子て手締めをして散会しました。

賀詞交歓会に駆けつけて頂いた来賓の皆様 交流の輪が広がる

ページトップへ

 2020年「鴨居どんど焼き」に協力 2020年1月12日(日)

 2019年1月12日に行われた鴨居連合自治会主催の「鴨居どんど焼き」で運営に協力しました。当日は快晴に恵まれ、多くの人が正月飾りや書初め等を手に鴨居駅北口の河川敷に集まりました。午後1時過ぎ、清めの儀式をして地域の代表や年男・年女が火入れをして勢い良く燃え上がる炎を500名を超える人々が見守っていました。
 1時45分頃から長い竹串の先に付けた”団子”を残り火で焼いて無病息災、家内安全を願って口に運んでいました。

正月飾りの受付のお手伝い 燃え上がる炎を取り囲む大勢の人 

ページトップへ

 2019年忘年会 2019年12月19日(木)

 12月19日、鴨居会館で「鴨居まち研」の12月定例会の後、午後6時から恒例の”忘年会”が行われました。40名を超える皆さんが参加しました。次代塾やウォーキングガイド、各部会の積極的な活動で会員も増え、以前にも増して活発な活動が展開されています。日頃の労をねぎらうと共にお互いの健康を願い、しばしの団欒とダーツ大会を楽しみました。
 食材や飲み物、セッティング
に奮闘頂いた皆さん、ありがとうございました。

   
宴もたけなわ ダーツで賞品の争奪戦 
最期まで残った方々です 
   
演奏もありました   料理も豪華 ダーツで賞品獲得 

ページトップへ

  「2019年緑区遺産ガイドウォーキング」にガイドとして協力
2019年11月12日(火)
 11月12日に緑区役所主催の「2019年緑区遺産ガイドウォーキング」が実施されました。
地区の緑区遺産を訪ねるウォーキングで、昨年に続き2回目です。
 今回応募参加者は19名、区役所から2名で、まち研からは10名が参加し、
ガイドと随伴支援を行いました。

 鴨居駅を出発し、岩岡家長屋門から杉山神社の絵馬を紹介しました。
身近に地区の歴史遺産があることに驚かれていました。その後、富士山や
北岳を眺めながら、鴨居原市民の森を経て辻山の庚申塔、ごはん塚、女神地神塔、
白山神社の仰神徳の碑までの、約3時間のウォーキングでした。

 天候にも恵まれ、全員が最後まで元気に散策を楽しんで頂けたと思います。

岩岡家 長屋門 鴨居杉山神社の絵馬の紹介
   

鴨居原遺跡と旧鎌倉道 

仰神徳の碑 

ページトップへ

           緑区チャレンジ事業
「人生楽笑・次代塾」と銘打って”地域デビュー”講座を開催

拡大表示
 仲間と共に横浜の港と街を散策したり、色々な地域活動を紹介し、見学、体験できる講座です。4月12日(金)~6月7日(金)の期間で5回開催されます。その他鴨居周辺で行われている地域活動の紹介、見学や体験をサポートします。参加費は5回で1500円です。

 講座内容
日  時 内      容
4月12日(金) 講座「健康寿命の心得・全体説明
鴨居周辺の歴史散策
4月26日(金) 総持寺参拝(修行僧による説明
旧魚河岸通り~キリンビール工場見学
5月10日(金) 横浜洋館巡りと県庁・キングの塔・開港
記念館見学
5月24日(金) 横浜港をマリーンシャトルで遊覧
バスで横浜港湾施設・シンボルタワー見学
6月 7日(金) 東本郷地区の歴史散策
講座を振り返ってフリートークとご案内

上記の他”選べる体験”として色々な地域活動を紹介、見学や体験をサポートします。
タウンニュース緑区版/1163 2019年(平成31年)3月14日(木)号で紹介 

ページトップへ

緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」 
 第5回 東本郷の歴史散策 と フリートーキング  2019年6月7日
 ちょうど梅雨に入った6月7日、次代塾の最終回は東本郷の歴史散策と鴨居会館でのまとめです。
午前中は何とか持つと思われた空模様でしたが、途中から傘をさしての散策になりました。 東本郷は中村さんの名ガイドで、少しショートカットして 2時間の行程を歩きました。

鶴見川の堤防で熱心に説明を聞く参加者  本柳寺の貴重な五輪塔などを見学
 鴨居会館に着いてほっと一息。お弁当と美味しい飲み物で和やかな昼食となりました。
 鴨居まち研の20周年記念DVDも紹介し、「まち研史」にも詳しくなって頂きました。参加者からの感想発表とまち研メンバーからのコメントなど、和気あいあいの内にまとめが終了。
 第5回講座までで、5人がまち研入会を申し込み、引き続き検討の方もおられました。これからも歴史散策などへ継続的にお誘いし、地域デビューのお手伝いをして行きます。
   
まち研のDVDを保谷代表が即興で解説  次代塾の満足度はかなり高いものでした 

ページトップへ

緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」 
 第4回 横浜港クルーズ&バス見学   
2019年5月24日
 真夏のような陽射しのもと、氷川丸近くの乗船場に、43名が集合しました。次代塾の20名と まち研会員23名が、一緒に横浜港クルーズへ出発です。
 この上ない青空と爽やかな風の中、マリーンシャトルは ほぼ貸し切り状態。ご機嫌のお客を乗せた船は、豪華客船や大きなクレーン、ベイブリッジや沢山の埠頭施設などを手に取る様に見せて、満足させてくれました。

出発前に氷川丸の前でウキウキ気分 次々と現れる景色に満足げな皆さん

 県民ホールの6階「英一番館」でゆっくりと昼食を摂り、歴史散策のお知らせ。
 午後は、日頃見る事のない横浜港の施設をバスで見学です。輸出待ちの車の大群や、世界を駆け巡るコンテナの「山脈」に感心した後は、港を一望するシンボルタワーの階段を登って、今日の楽しい散策を終えました。

横浜国際流通センターの屋上から
コンテナを捌くクレーンを見学
横浜港の入り口にそびえるシンボルタワーを
自分の足で征服。お疲れ様!

ページトップへ

緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」 
 第3回 横浜洋館巡り散策            
 2019年5月10日
 カリスマガイド清水克悦氏の説明による横浜洋館巡りが、今年も実現しました。
 5月の爽やかな風の中、洋館に刻まれた時間を存分に満喫する一行。
 素晴らしい日和に、清水さんの説明は去年以上に滑らかです。

白い壁に緑の窓が映えるエリスマン邸 木漏れ日の中、足取りも軽く
「港の見える丘公園」と「山下公園」のバラが、今を盛りと咲き乱れます。
バラの甘い香りに包まれて、花好きの受講者は時が経つのも忘れそう。
開港記念会館(ジャックの塔)でひとまず解散し、県庁(キングの塔)と税関(クィーンの塔)は、健脚者向けのオプションとなりました。
 
 絢爛たるバラをバックにハイ、チーズ  さあ、こっちのバラも綺麗ですよ!

ページトップへ

緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」
 第2回 総持寺・生麦・キリンビール工場見学      2019年4月26日
 あいにくの空模様を気にしながら、鶴見駅の西口に集まったのは27名。
総持寺の三門をくぐる頃には、季節外れの寒さも手伝って、身の引き締まる思いです。
修行僧の案内で広大な寺院の奥まで拝観し、「只管打坐」ならぬ「弛緩した日常」を少し反省。
1時間振りに娑婆に戻った一行は、鶴見大学の美味しい昼食にホッと一息をついたのでした。

修行僧はこの長い廊下を一気に雑巾がけするとか 鶴見大学の学食で、すっかり満足の一行

 午後は小雨も上がって、東海道沿いをゆっくりと生麦へ歩を進めます。
国道駅、生麦河岸通り、鶴見川の河口を経て「蛇も蚊も祭」の道念稲荷を参拝。移転した生麦事件碑の背後のキリンビール工場が、優しい笑顔で迎えてくれました。ウーン、 極楽! 極楽!


   
さあ、一番搾りが旨い理由、ガッテンしたかな?   最期までサービス精神満点のガイドさんに感謝!

ページトップへ

緑区チャレンジ事業「人生楽笑・次代塾」第1回講座 2019年4月12日

 昨年11月からの準備が実って、「人生楽笑・次代塾」に22名の応募者が集まりました。緑区地域振興課・岩岡課長にもおいで頂き、白山地区センターで初回の講座を開講。
 藤村代表の「健康長寿と地域デビュー」と題した講演に続き、保谷副代表がカモピーになり切って鴨居まち研の魅力をアピール。他団体紹介の後、全員が思い思いの自己紹介など、初回の講座は和気あいあいの雰囲気で進みました。

 タウンニュース緑区版/1168 2019年(平成31年)4月18日(木)号で紹介  
藤村代表「健康長寿と地域デビュー」と題した講演  保谷副代表が鴨居まち研の魅力をアピール
 午後からは、「鴨居の郷土史家」がますます板に付いた新名さんの案内で、岩岡家の長屋門、杉山神社、鴨居原遺跡、辻山庚申塔、ごはん塚などへ講座の参加者と散策をしました。
 まち研のメンバーと講座参加者の距離が、グッと近くなった一日でした。

 
 
岩岡家 長屋門を背景に   鴨居7丁目の庚申塔を説明

ページトップへ

 鴨居まち研20周年祝賀会    2019年5月16日(木)
 「まち研」の20周年祝賀会が5月16日(木)13:30から白山地区センターで行われました。
 小野崎区長はじめ協賛企業、自治会代表、会員など70名の参加を頂きました。協賛企業様への感謝状授与、“「鴨居まち研」20年の歩み”のDVD放映、内海 宏 氏の基調講演「地域を楽しむつながりづくり」がありました。


  2019年5月17日 神奈川新聞に掲載されました 
  タウンニュース 緑区版/No1172 2019年5月23日(木)号に掲載 

   
 鴨居まち研20周年祝賀会、70名の参加を頂く 鴨居エキコンの協賛企業様に感謝状 
     
基調講演の内海 宏氏  小野崎緑区長よりお祝いの
ことばを頂く 
鴨居まち研20年の歩みを放映 
  
祝賀会にご出席の皆さん  
   懇親会は永きにわたり会の発展に貢献された13名の方に感謝の意を表して健康長寿のお薬の“お酒”を進呈させて頂きました。とても和気あいあいでの雰囲気で会員相互の親睦も図れました。
 懇親旅行、Tシャツなど20周年の行事は会員全員で企画し運営できた事で、達成感や満足感が得られ一段と結束力が高まったと思います。


     
 祝賀会後の懇親会で乾杯 !!  会の発展に貢献された方に
感謝の贈り物
懇親会締めの3・3・7拍子 

ページトップへ

2019年度 鴨居まち研総会 2019年4月18日
 鴨居会館2Fで4月例会に続き、平成30年度の総会を行いました。平成30年度の活動報告、決算報告があり、全会一致で承認されました。
 続いて平成31年度予算案、活動計画案、組織体制案が提案され、活動計画の一部で意見が出され、役員会で検討することとし、原案通り承認されました。

 新組織はイベント部会を分割し、「エキコン部会」を新設して分離しました。また、代表が交代し、各部会の部会長も交代。新組織、新体制で新年度の活動に臨むことになりました。
 総会後、会員の懇親会がおこなわれ、大いに盛り上りました。

 2019年度活動計画はここをクリック
 新会長がタウンニュース 緑区版で紹介されました
          (2019年5月30日)
 

総会後の懇親会  
総会・懇親会に参加の皆さん。新組織のもとで活動の発展、継続を誓い合いました。

ページトップへ

 鴨居杉山神社「節分祭」(豆まき)に協力 2019年2月3日(日)

 第14回目の鴨居杉山神社節分祭(豆まき)が行われました。今年は日曜日の開催ででした。午後2時、3時15分そして4時半と3回の豆まきに大勢の人が集まりました。今回も不測の事態が起きないように警備担当は黄色いヘルメットに杉山神社の白いハンテン姿で豆拾いに夢中の人々の安全を確保していました。「鴨居まち研」のメンバーも警備で協力し無事終わることができました。

法被・ヘルメット姿の警備担当の事前打ち合わせ 壇上から”福はうち”の掛け声で豆まき

ページトップへ

 2019年鴨居連合自治会「賀詞交歓会」に出席 2019年1月20日

 鴨居連合自治会の賀詞交歓会に6名が参加し、交流の輪を広げました。我が鴨居まち研も鴨居連合自治会が主催する行事に参加、協力させて頂いています。賀詞交歓会は連合自治会関連の50を超える団体・グループとの交流の場で、旧交を温めつつ、新しい人と人の繋がりを築く場でもあります。
 当日は日頃お世話になっている区役所の皆さんや関係の深い皆さんも来賓として招かれ、総勢約250名が参加しました。連合自治会長が今後の活動の抱負、来賓の祝辞の後、代表者が鏡開くをして祝宴に入り、歓談の輪が広がりました。アトラクションでは伝統の鴨居囃子で小学生が獅子舞を披露していました。祝宴は午後2時過ぎまで続き、最後に三三七拍子て手締めをして散会しました。

賀詞交歓会に駆けつけて頂いた来賓の皆様 交流の輪が広がる

ページトップへ

 2019年「鴨居どんど焼き」に協力 2019年1月13日(日)

 2019年1月13日に行われた鴨居連合自治会主催の「鴨居どんど焼き」で運営に協力しました。当日は快晴に恵まれ、多くの人が正月飾りや書初め等を手に鴨居駅北口の河川敷に集まりました。午後1時過ぎ、清めの儀式をして地域の代表や年男・年女が火入れをして勢い良く燃え上がる炎を500名を超える人々が見守っていました。
 1時45分頃から長い竹串の先に付けた”団子”を残り火で焼いて無病息災、家内安全を願って口に運んでいました。

正月飾りの受付のお手伝い 燃え上がる炎を取り囲む大勢の人 

ページトップへ


 2018年忘年会 2018年12月20日(木)

 12月20日、鴨居会館で「鴨居まち研」の12月定例会の後、午後6時から恒例の”忘年会”が行われました。参加者は40名を超える皆さんが参加しました。次代塾やウォーキングガイドの活動で会員も増え、以前にも増して活発な活動が展開されています。日頃の労をねぎらい、お互いの健康を願い、しばしの団欒とダーツ大会を楽しみました。
 食材や飲み物、セッティング
に奮闘頂いた皆さん、ありがとうございました。

   
宴もたけなわ ダーツで賞品の争奪戦 
最期まで残った方々です 

ページトップへ

  緑区役所主催の「ミドリンウォーキングフェスタ」に
 ガイドとして協力しました  2018年12月8日(土)
  12月8日(土)9:30~12:30に行われました、緑区役所主催の「ミドリンウォーキングフェスタ」にガイドとして協力しました。参加者は12名で少なかったのが心残りです。まち研から10名が協力いたしました。
 白山地区センターを出発し区役所までの約2時間30分のコースで紅葉がとても綺麗だったのが印象的でした。今回もガイドはまち研の若手デビューの機会でもあり、意義深かったと思います
 
 白山~四季の森公園をめぐる参加者とガイド 役の「鴨居まち研」メンバー
   

ページトップへ

  「緑区遺産ガイドウォーキング」にガイドとして協力 2018年11月13日(火)

 11月13日(火)9:30~12:30に行われた、緑区役所主催の「緑区遺産ガイドウォーキング」にガイドとして協力しました。
 参加者は27名で、まち研から11名が協力し、秋が深まる鴨居周辺の散策を満喫いたしました。今回のガイドは「鴨居まち研」の若手が務めました。この日の為に数回の鴨居周辺の歴史・遺産の研修と下見をしてのデビューで、意義深かったと思います。ともかく無事に終了できて良かった!!!。

鴨居杉山神社の絵馬

奇利吹の瀧(林光寺
 

ゴール! 無事に終了(白山地区センター前) 


ページトップへ


  「第32回 神奈川地域社会事業賞」を受賞
2019年12月7日(土)
鴨居まち研が、神奈川新聞社・神奈川新聞厚生文化事業団主催の栄えある賞を
受賞しました。20年にわたる先達とそれに続く会員の地域愛にあふれる地道な
活動が認められ、新たな励ましを頂いたものと思います。
12月7日(土)、神奈川新聞本社で行われた授賞式には7名が参加。
賞状と記念のトロフィー、副賞20万円の目録が贈呈されました。

神奈川新聞社社長から表彰状を頂く 受賞した鴨居まち研と他の2団体
 神奈川新聞社社長と審査委員長の挨拶に続いて、受賞3団体のスピーチがあり、
保谷代表が鴨居まち研の活動を、資料を示しながら分かりやすく紹介しました。
今月のエキコンで災害復興支援金を募り、今回の副賞の一部とあわせて
神奈川新聞社を通じ被災地に贈りたいと締めくくりました。

タウンニュース 緑区版/No,1202 2019年(令和元年)12月19日(木)号にも掲載

ページトップへ


 第9回「地域再生大賞」で優秀賞を受賞  2019年2月8日(金)
 第9回「地域再生大賞」の表彰式が2月8日に東京都市センターホテル(千代田区)で行われました。この大賞は地方新聞46社と共同通信社が、地域に活気を与え魅力を高める活動に取り組む団体を表彰するものです。鴨居駅周辺まちづくり研究会が神奈川代表として、(株)神奈川新聞社の推薦を受け、優秀賞の表彰を受けました。
 表彰式には全国から49団体参列し、その後シンポジウムも行われ「大賞」「準大賞」の紹介がありました。長時間でしたがいろいろ勉強になりました。
 

表彰状を掲げる会長

ページトップへ


 JR東日本の深澤社長より、感謝状の贈呈 2018年10月26日(金)
 10月14日 鉄道の日にあたり、東日本旅客鉄道株式会社の社長から、鴨居まち研の長年にわたる駅の清掃とエキコンの開催について、感謝状と記念品が贈られました。
 「明るく美しい鴨居駅づくりに、鴨居まち研が長い間、毎週の清掃と年3回のエキコンで貢献された事は感謝に堪えません」 と、JR横浜支社の白山弘子営業部長から、感謝の言葉を頂きました。

   感謝状とともに、懐中時計・ミニチュアの駅帽の置き物が記念品として贈られ、贈呈式に参加された鴨居連合自治会の木村会長、緑区役所の区政推進課・大塚課長などから、お祝いの言葉を頂きました。

タウンニュース 緑区版/No,1145 2018年(平成30年)11月1日(木)号にも掲載

ページトップへ

 20周年記念湯河原一泊旅行 2018年10月16日(火)~17日(水)

 今回の旅行には21名が参加しました。10月16日、17日とも天気に恵まれ本当に良かったと思います。
 初日は東海道線アクティーで湯河原駅についてタクシーに分乗し、湯河原町総合運動公園へ。昼食後すぐにパークゴルフ開始!4人一組の5チームでグループ賞と個人賞をかけてプレーしました。 OBがでたり、池ポチャ、バンカーもあり、はじめての人もゴルフ経験者も結構楽しめました。パークゴルフ後、コミュニティーバスで湯河原駅に戻り、徒歩で「ゆがわら万葉荘」へ。宴会開始前はお風呂に入ったり、のんびり、幹事部屋に集まりビールで乾杯、パークゴルフの話で盛り上がりました。
 6時から宴会開始、料理も品数豊富!和気あいあいのうちにカラオケをはじめました。幹事としては皆さん歌ってくれるかなと心配だったのですが心配無用!次々に、歌手登場!ほぼ全員が歌ってくれました!皆さん歌が好きですね!あっという間の2時間でした。それでも歌い足りなく、次はカラオケルームでカラオケ大会、10時過ぎまで盛り上がって いました。
 二日目は9:30にチェックアウト、ホテルの送迎バスで湯河原に行き、そこからバスで湯河原万葉公園へ。ガイド付きで約1時間ほど散策し、バスで湯河原駅に戻り、そこで解散しました。
 今回の懇親旅行の主旨が軽スポーツ「パークゴルフ」を楽しみ、温泉と美味しい食事、 カラオケを楽しみ会員の親睦を図る。でしたが企画どおり開催し、会員の親睦も図れ本当に良かったと思います。 参加の皆さん、実行委員の皆さんご協力ありがとうございました。

パークゴルフ場で(16日) 万葉公園前で(17日)
パークゴルフで楽しみ
宴会で表彰(16日) 写真拡大
宴会とカラオケを楽しむ(16日)
写真拡大
万葉公園をガイドと共に
散策(17日) 写真拡大

ページトップへ

 2018年暑気払い  2018年8月16日(木)

 8月例会に引き続いて鴨居会館で恒例の”暑気払い”が行われました。参加者は最多の45名。世話役の皆さんに用意頂いた飲み物やつまみを囲み、暫し懇親の輪が広がりました。
 この日は異常とも思える炎暑続きが一服した感じで、お互いに日頃のご苦労をねぎらい、更なる活動をと、大いに盛り上がりました。20周年記念事業として行われた「人生楽笑・次代塾」参加の、若い世代の新規加入もあり、世代交代も徐々に進みつつあります、更なるパワーアップを願い、一本締めで午後8時散会しました。

最多の45名参加で、まずは乾杯 交流の輪が彼方此方で広がる
 
散会前に最後まで残った方々での集合写真 

ページトップへ


 「手づくり郷土(ふるさと)賞(一般部門)」認定証授与式 2017年3月2日(木)
 国土交通省主催の平成28年度「手づくり郷土賞」(一般部門)を受賞することになり、認定証授与式が平成29年3月2日(木)14時30分~(受付14時~)緑区役所 1階イベントスペースで行われました。
 主催の国交省関東整備局の挨拶に続いて大野企画部長より認定証と記念品の盾が授与されました。
当日は「鴨居まち研」メンバーの他緑区長、鴨居駅長、各連合自治会会長地元選出の国・地方議員さん等がお祝いに駆け付けてくださいました。認定証授与式に続いて「鴨居まち研」の活動をスライドで紹介しました。また、鴨居エキコンの様子を動画で放映し地域の社会資源を活動に生かしている様子を伝え好評でした。最後に挨拶に立った狩野相談役は地域や行政、企業の皆さんに支えられての認定と感謝の言葉を述べました。

お礼を述べる狩野相談役 参加者全員で記念撮影(画像クリックで拡大)
当日映した「鴨居まち研」活動スライド

「手づくり郷土賞」(一般部門)の認定授与式の様子を伝えるタウンユース


「手づくり郷土賞」(一般部門)の認定と活動を伝える神奈川新聞の記事 (2017/3/16付)

ページトップへ



平成28年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」(国土交通大臣表彰)に選ばれました
 国土交通省主催の平成28年度「手づくり郷土賞」(一般部門)を受賞することになり、認定授与式が平成29年3月2日(木)14時30分~(受付14時~)緑区役所 1階イベントスペースで行われます。
 社会資本の「JR鴨居駅」を活用した、まちづくり活動(鴨居駅通路の清掃活動及び鴨居エキコンの開催)が評価されたものです。去る1月22日(日)昭和女子大学で北海道から沖縄の全受賞20団体が一堂に集まり、夫々の活動内容のプレゼンテーションがおこなわれました。受賞20団体のうち関東地区からは6団体(神奈川県からは「鴨居まち研」の1団体のみ)でした。

1月22日昭和女子大学で活動をプレゼンテーション 当日配布の取組概要集とプログラム

2017年1月22日(日)昭和女子大学でのプレゼンテーション内容


ページトップへ



 JR東日本横浜支社長から「感謝状」を受賞 2015年10月14日(水)
 鉄道記念日の10月14日、2003年から毎日曜日欠かさず鴨居駅の南北階段や通路を清掃し駅の利用環境の維持に努めたことや年3回鴨居駅改札前でミニコンサート「鴨居エキコン」を開催して癒しの場を提供している事に対してJR東日本 執行役員横浜支社長から感謝状を戴きました。
 同日、鴨居駅会議室で鴨居駅長から感謝状と記念品の贈呈があり「鴨居まち研」会長と顧問、鴨居連合自治会長が出席しました。


タウンニュース 緑区版 No.987 2015年(平成27年)10月22日号に掲載されました

ページトップへ



 いきいきサロン鴨居の運営に協力

鴨居連合自治会がチャレンジ事業として行っている「いきいきサロン鴨居」の運営に協力しています。この事業は地域の人々に触れ合いの場を提供する目的で始められたもので、お茶を飲みながら新しい触れ合いや仲間の打ち合わせ、地域資料の閲覧等どなたでも自由に利用できます。開催は毎月第2・第4日曜日で利用料は100円です。
 タウンニュース 緑区版 No.978 2015年8月20日(木)号で紹介されました。

いきいきサロン鴨居開催中 受付で利用料を 鴨居に関する資料が沢山

ページトップへ


- 鴨居駅周辺まちづくり研究会 -